• HOME
  • INTERVIEW
  • CLOTH-APPにかける想い③

クロスアプリの立ち上げから関わって頂いている石黒友康さま(株式会社ベイクルーズ)

INTERVIEW 2019.06.17

CLOTH-APPにかける想い③

クロスアプリ導入の決め手は?

石黒さま:最初のきっかけは2015年の展示会でしたね。

結束さん:そうですね。「クロスアプリ」のスタート時、外部メディアで特集を組んでもらって。そのとき、ベイクルーズさまのブランド「B.C.STOCK」の主軸となる品番に、クロスアプリをつけていただけないだろうか、とご相談させていただいたのですよね。石黒さん、クロスアプリのどんな点に興味を持ってくださったのですか?

 

石黒さま:まず、露出の仕方が新しいと感じました。タグから情報が見られたり、「クロスアプリ」のサイトにも、外部メディアのウェブにも、ベイクルーズのオンラインストアにも飛べたりする仕組みが非常に新しかった。それに、なんといっても「クロスアプリ」の内容、生地の品質です。洋服を選ぶとき、「生地の良さ」も関係していると思うのですが、お客様の服選びにベイクルーズも貢献したい、という想いもあって「クロスアプリ」を付けさせてもらいました。

結束さん:そこを皮切りに、「これだけのクオリティが欲しい」「でもこの価格でないと売れない」など、どんどん積極的にご要望をいただき、色々な取り組みを一緒にやってくださいましたね。石黒さんには、感謝しきりです。

写真右:結束賢太郎さん(第3事業部営業)

目の付け所はクロスアプリの競争力

結束さん:正直、最初は御社内でも「なぜクロスアプリを付けるの?」というお声もあったのではないですか?

石黒さま:そんな声もありましたね。まだ「クロスアプリ」が知られていなかったこともあると思いますが、取り扱うバリエーションが広がってくるにつれ、素材の内容などにも理解が進みました。素材にフォーカスして売り出す、ということ自体はすごく面白い企画ですから。あとは市場に浸透していけば、大手の素材メーカーさんとも競争していけるだろうと思う。一緒に作りながらそこを目指したいと思っています。

 

結束さん:ありがとうございます!シーズンを追うごとにクロスアプリを付ける品番もブランドも増やしていただき、念願のレディースにも付けていただきました。

石黒さま:生地自体の魅力がありますからね。正直今はまだ仕掛けている段階ですが、もっとやっていきたい。「素材」はこれからますます競争力になっていくと思うし、ちょうどそこに目を付けてこのブランドを始めてくれたのだと思っています。

 

一覧に戻る