• HOME
  • INTERVIEW
  • 2020SS。「素材」の力を伝える③

INTERVIEW 2019.06.24

2020SS。「素材」の力を伝える③

「リラックス」のオススメ素材と「WA.CLOTH®︎」。

2020SS展示会で設定した「リラックス」シーンですが、こちらは春夏シーズンの服には標準装備となりつつある「ドライ」「クール」などが多いです。標準装備というだけあって、これらのマテリアルに関して取り立てて目新しい部分というのはなく、継続しての打ち出しではあります。ですが、「クール」に代表されるレーヨン系の素材は、もともと水に濡れると縮みやすいという課題が一般的でした。しかし今期のものはそこが解決され、「洗濯しても縮まない」という扱いやすさがミフならではの特徴になっていると思います。

そして、「WA.CLOTH®︎ ワクロス」。今期は、まずアイテムのバリエーションが広がりました。ハイブランド様での採用が増えたこともあり、レースやカットジャガードなど意匠性の高いものが増えたと思います。また、従来の軽量性を生かしたコートがラインナップに加わりましたが、大変軽く、着ていても脱いで手に持っても疲れにくくなっています。発色もよくなったので、より多様なカラーが表現できますし、柄ものもつくることができます。

松岡行太さん(MD企画部商品開発室)

そしてやはり2020年は東京オリンピックがあることで、スポーツ業界からも和テイストのアイテムには注目が集まりつつあります。「ワクロス」は、シーンを限らず、引き続きどんどん進化させていかなければならないと思っています。

触れればきっと伝わるCLOTH-APPの魅力。

今期の展示会を“素材中心”で見せたのは、「クロスアプリ」の素材自体の可能性や魅力を知っていただきたかったからです。形になった状態を見ると、どうしてもアイテムという“モノ”に目がいってしまいがち。しかし、生地のプロフェッショナルとして、他社様では出来そうで出来ない、自分たちだけのオリジナル性を日々模索しています。「クラッシュリネン」にしても、「ウォーターリパレント」にしても、その他の素材でも、我々だからこそ打ち出せるものだと考えていますし、ぜひそこに注力してご覧いただき、さらには手にとって、直接感じていただきたかったのです。

私どもミフならではの付加価値を持った「クロスアプリ」の素材から生まれたアイテム。その良さは、使っていただければきっと伝わると信じているので、これからもどんどん活動を展開していきたいと思います。

一覧に戻る