• HOME
  • MATERIAL
  • サステイナブルにもカワイイを

MATERIAL 2021.05.12

サステイナブルにもカワイイを

 

大規模な森林火災や大型化する台風、頻発する豪雨などの災害が、気候変動や生態系の喪失などの環境危機が原因となっていることは明らかです。そのほかにも世界中を見わたせば、社会的課題は山積みで、目を背けたくなる不都合な事実に溢れています。

しかし、こんな時代だからこそ、既存の枠組みを超えたユニークな発想で、システムを変え、自分たちがほしい未来を実現させるための第一歩を踏み出すことが大事。その移行期にともなう出来事も楽しんでしまう、しなやかな感性が求められています。

SDGsによって生じたルール変更を煩わしいと思うのか、それとも新たに生まれるかもしれないイノヴェイションにワクワクするのかで、その差は歴然。ただ、わたしたちの残された時間はそう多くありません。エコやサステイナブルなファッションが常識になる日はもうすぐ。素材開発の分野でも、そうした取り組みは加速度的に進んでいます。

 

 

とはいえ、ファッションには感情を揺さぶるようなアーティスティックな部分が不可欠。環境に配慮するあまり、スタイルや着心地を犠牲にしてしまっては元も子もありません。

あくまでも大切なのは、みんながほしいと思えるおしゃれな服であること。それがたまたま土に還る生地や、石油を使わない生地、ゴミを出さない生地、水を大切にする生地などを使っていて、買った本人も気づかないまま着ているのが理想です。ただ、いまはそこまで到達できていない段階。もっと多くの人々が、それがモダンでアクティビスト的な方法だと意識して、行動に移す必要があります。

最初から完璧でないのは当たり前。それでも、世の中の制約と向き合ったクリエイティヴな挑戦から、これまでになかった新たなオプションが少しずつでも生まれてくれば、わたしたちの未来は大きく変わるかもしれません。

それに、明るくユーモアを交えたファッションが、地球に横たわる難題を次から次へと解決していったら、すごく痛快で、かっこいいと思いませんか。

一覧に戻る